1. HOME
  2. >サポーター
  3. >アールビバン株式会社

アールビバン株式会社

会社概要

社名アールビバン株式会社
代表者 代表取締役会長兼社長 野澤克巳
本社〒140-0002
東京都品川区東品川4-13-14
グラスキューブ品川5階
TEL 03-5783-7171(代表)
FAX03-5783-7181
設立1984年11月24日
資本金1,656百万円
上場証券取引所東京証券取引所 JASDAQスタンダード
役員代表取締役会長兼社長  野澤 克巳
取締 役   樋口 弘司
取締 役   野澤 竹志
社外取締役 酒井 宏彰
社外監査役 園川 勝美
監査 役   野澤 二三朝
社外監査役 柳岡 茂
従業員数109名(グループ全体174名/2015年3月期)
主な商品絵画(版画、油彩画、水彩画)、美術工芸品(彫刻、ガラス工芸品)、アート雑貨
主要取引銀行三井住友銀行、三菱東京UFJ、みずほ銀行
子会社 【株式会社ダブルラック】http://www.doubleluck.co.jp/
【タラサ志摩スパアンドリゾート株式会社】http://www.thalasso.co.jp/
【カルナフィットネスアンドスパ株式会社】http://www.carnaweb.com/
関連URL アールビバン公式サイト
アールビバン株式会社(Twitter)
アールビバン株式会社(facebook)
アールビバン | 30周年記念 特設サイト

  
事業概要

アールビバン株式会社は、「絵のある豊かな生活(くらし)」を、一人でも多くの方に届けるために、アート関連事業を主力事業に、子会社ではリゾート事業や健康産業事業、金融サービス事業を行っています。

アート関連事業では、新規会場の快苦や新企画催事の開催などを推進。全国各地で主力アーティスト(クリスチャン・ラッセン、デビッド・ウィラードソン、シム・シメールなど)の展示会を開催して、新規顧客の開拓に努めています。また、新規アーティストのブランドコンサルティングや新作家の開発も積極的に行っています。

1999年にはアールビバン株式会社商品本部・商品開発課からイラスト系アート事業部「アールジュネス」を設立。情報サイト「アールジュネス」を運用するとともに、オリジナル版画販売部門・出版グループ・通販/モバイルコンテンツグループを形成し、各グループで活動を行っています。オリジナル版画販売部門としては「アールジュネス」タペストリー専門ブランド「軸中心派」を立ち上げ、出版グループでは『E☆2』を創刊しました。

主力アーティストについて

主力アーティストのひとりであるクリスチャン・ラッセン。アールビバン株式会社では、ラッセンの来日展を全国で開催しています。展示会では東京・名古屋・大阪・福岡などの主要都市の各会場をラッセンが訪れ、ファンとの交流や写真撮影会を行っています。「クリスチャン・ラッセン原画展」では、2013年の段階で、すでに動員数10万人を突破しました。

2013年には写真画集『LASSEN Art&Soul(ラッセン アート&ソウル)』を刊行、2015年には画集『LASSEN(ラッセン)』の特装版・普及版を刊行しています。画集『LASSEN(ラッセン)』では、特集サイトを公開しています。

▼ 画集 刊行情報掲載サイト: LASSEN(ラッセン)

展示会は、ジュエルズ・オブ・スカイシリーズをメインに展示する「Jewels」やオリジナル原画を特別公開する「GREAT OCEAN」などのように、各展示ごとに明確なテーマを設定。事前に公式サイトから来場予約を行った方には、プレゼント特典をお渡ししています。

株式会社アールビバン IR情報

株式会社アールビバンは、1996年11月から東証JASDAQスタンダードに上場しています。
株主総会の招集通知や四半期報告書は、企業内の「インベスターズ・ガイド」というページで管理されており、配当に関する情報をPDFデータで公開しています。

事業沿革
1984年

会社設立。絵画版画作品の販売を開始。
企業名の由来はフランス語のART VIVANT、意味は「絵のある生活」。20世紀初期に活躍したパブロ・ピカソやマルク・シャガールといった有名画家のシルクスクリーン作品などを販売。

1985年

「アートの大衆化」を目指し、全国各地で展示会・販売会(催事販売)を実施。
アメリカ在住アーティストが描いた作品を輸入して、従来のアート業界にポップ・アートの潮流をもたらした。

1988年

中国北京市にある美術館「北京画院」の副院長・張歩(zhang bu)と版画出版契約を結ぶ。アーティストから絵画作品を直接仕入れるスタイルを確立。

1989年

ハワイ在住のアーティスト クリスチャン・ラッセンと販売契約を結ぶ。
展示会の全国展開などの総合プロデュースにより、画家ラッセンの日本内での知名度を高めることによるブランディングを行った。

1992年

ウォルトディズニーエンタープライズ株式会社と日本における独占販売契約を結ぶ。

1993年

本社を南青山に移転。

1996年

東証JASDAQスタンダード上場。アート関連業界では初めての株式店頭公開を行う。

2002年

「アートスクエア」店舗を三宮に出店。
「ワールドアートスクエア」を神奈川・大和、神奈川港北に出店。
「アールジュネス」店舗を池袋と大須に出店。

2003年

モバイルサイト「動物★パラダイス」「待受★ジャム」を開始。
伊勢志摩の総合リゾート「タラサ志摩」に会員制度を発足。

2004年

「ジャパン・アート・エキスポ」を大阪で初開催。

2005年

アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国在住のアーティスト開拓を推進。メディア媒体にてブランド戦略を実施。
「ジャパン・イラストレーターズ・フェスティバル」を東京・大阪で開催。
家具とアートの融合を目指し、仙台に「ゴン・デザイン仙台」を出店。オリジナル家具「Gon Design」シリーズを販売。

2007年

株式会社イーピクチャーズとジュネックス株式会社を合併、株式会社e・ジュネックスを発足。

2008年

出版事業として雑誌『E☆2』『Hug』を刊行。

2009年

子会社として株式会社ダブルラックを設立。アジア諸国のアーティスト発掘に注力。

2010年

複数オークション企業(サザビーズ、クリスティーズなど)と提携。
美術品を担保とした融資事業を開始。

2013年

「ヒルトン東京ベイ」(千葉県浦安市)に、ディズニー作品専門展示会場「マジカル・アート・ギャラリー」を出店。
「軸中心派」を宇都宮に出店。

2014年

「軸中心派」を岡山市に出店。
イラストレーターグッズ専門店「きみどれ」浪速区に出店。

2015年

大型イベント「神絵祭」「軸中心祭」を開催。